医者と看護師

自分の体を守るために性病検査をしよう~SAY病気発見~

誰にも知られずに検査する

病室

自分が性病かどうかを知りたいなら、東京の病院や保健所に行くことで検査をすることができます。保健所なら費用を安く抑えることができます。主流になってきているのは、自分で行なう検査キットです。

もっと読む

2つの検査がある

女医

HIV検査には、HIVスクリーニング検査と確認検査の2つがあります。この2つの検査を行なうことで、確実な結果を知ることができます。HIVを放置しているとエイズを発症する可能性があるので、なるべく早く検査したほうが良いです。

もっと読む

すぐに検査をする大切さ

診察室

エイズ検査は病院や保健所、検査キットなどで行なうことができます。検査をすることに抵抗がある人もいますが、検査をしないと知らない間に進行することもあるので、注意したほうが良いです。

もっと読む

予算に合わせて選ぶ

診察

性病検査のやり方は様々ありますが、近年では検査キットを使って検査する人が増えてきています。ただ、検査キットを取り扱っている会社は様々あるので、選ぶ際は注意したほうが良いです。検査キットを選ぶときは、検査方法に注目したほうが良いです。血液検査、尿検査など様々な検査方法があり、何の性病を調べるのかによって変わってきます。クラミジアの検査で、血液検査だけの検査キットを使ってしまうと、正確に判断することができないので、陰性となることもあるのです。確実に調べるためには、調べたい性病の検査方法に合った物を調べることが大切です。初めて検査キットを購入するという場合は、なるべく検査種類が多いのを選んでおけば良いでしょう。検査種類が多くなれば、その分確実に調べることができるので安心です。ただ、その分金額も高くなるので、予算に合わせて選ぶことが大切です。

性病検査を受けてから、当日から1週間程度で、検査結果を知ることができます。病院の場合は、3日程度で教えてくれるところが多いですが、早いところだと当日に結果がでるときもありまる。検査キットは、購入するまでに1日~3日かかるので、結果を知るまでに1週間程度はかかります。保健所の場合は、検査項目が少ないということもあり、30分程度で結果を知れる可能性もあります。即日検査をしていない場合は、1週間~2週間程度の期間かかります。性病検査をするときに注意しておきたいのが、性行為をしてすぐに検査をしないということです。その理由は、感染してから血液中に反応がでるまでに、2日~1ヶ月程度かかるからです。そのため、感染している場合でも、すぐに検査をしてしまうと正しく検査することができないのです。クラミジアや淋病は2日~3日、HIVや梅毒は1ヶ月以上かかります。